代表 木村黒バック写真 「組織の成長加速法」 今週の提言コラム

当コラムは、組織の成果を加速的に増大させるための、気づき、ヒントをつづった専門コラムとなります。オーナー社長の方々、ぜひご活用下さい。(毎週水曜日更新)

第145回 半年後の飛躍の鍵、空いた時間を何に使うのか?もう一つの事例に学ぶこと。

リーマンショックのさなか、もう一つの会社が取り組んだ事例をご紹介いたしましょう。この会社は、元々は東北地方で拡大されて、東京に進出した企業です。東京に進出した翌年に、リーマンショックがやってきました。資金繰りが厳しくなり、東京事務所も、縮小…

詳細はこちら

第144回 リーマンショック後に劇的に成長した企業が混乱のさなかに実行したこと。それが、圧倒的な成長のカギだった

リーマンショックの時、もっとも影響を受けた業界のひとつは金融業界です。その金融業界にあって、その混乱のさなかにいた企業のひとつがM社です。 M社は既に、成功企業として認知されつつありました。しかし、リーマンショックの渦中にあって、会社の財務…

詳細はこちら

第143回 「(彼らは)職人なので人と話したり、人に教えたりするのが苦手なんですよ!」は無知ゆえの間違った常識だった!?

関西地方のITベンチャーM社のT社長。ご自身は、システム会社の営業経験を経て独立。システム会社の社長にして「システムの専門知識なんかわかりません」と笑顔でおっしゃいます。ご謙遜に過ぎませんが、T社長は持ち前の営業力で、創業10年立たずに、会…

詳細はこちら

第142回 俺にはそんなに時間は残されてないよ!

ある年の正月、毎年恒例になった幹部社員全員で都内の神社で初詣を済ませ、タクシーに乗り込んで数分後、M社長は、心臓発作をおこし、そのまま帰らぬ人となりました。 その約2ヶ月前には、M社長とお会いしていたので、弔報を聞いた時はとても信じられませ…

詳細はこちら

第139回 「社長、私には無理です。どうか降格とさせてください。」自他共にマネジメント失格者だった彼が2ヶ月で変わった理由。

ある地域で一昨年、100億円を見事に達成された企業があります。店舗数を増やすこともなく毎年、6-7億円増を継続的に積み上げた結果です。 業界全体としては、この10年縮小が続いている業界です。それでも成長し続けたわけは、社員の生産性が高くなっ…

詳細はこちら

第138回 動かない社員に腹を立てても始まらない。動かない社員が自ら動き出す状態を作るためには、○○を変えること。

「ついつい『なんで出来ないんだ!』って怒鳴ってしまうこともありますね。」と苦笑いをしながら、話してくれたのは、M社のH取締役です。 部下指導で厳しいことで社内でも有名な方。そんなH取締役のお話を聞きながら、M社のK社長の言葉を思い出していま…

詳細はこちら

第137回 集団と組織の違いがわからないリーダーは必ず組織をダメにする、その理由とは?

私が最初にM課長と話した時、M課長は残業時間ランキングの常連でした。社内でもダントツに長い残業の理由を聞くと「いやぁ、人が足りないので、ついつい手伝いにいっちゃうんですよ。」とM課長は、人懐っこい笑顔をしながら、左手で、頭をかきかき答えてく…

詳細はこちら

第136回 あれほど評価が低かったリーダーがわずか1ヶ月で変わった!!そのカギは〇〇こと

Y社のM取締役は、3名の直属の部下を持ち、営業本部長も兼ねていました。そのM取締役は、競合他社では噂の人物。怒濤の営業攻勢で、あっという間に地域NO1座を獲得し、その後も一向に勢いの落ちるように見えない、驚異的な成長を実現した立役者として知…

詳細はこちら