代表 木村黒バック写真 「組織の成長加速法」 今週の提言コラム

当コラムは、組織の成果を加速的に増大させるための、気づき、ヒントをつづった専門コラムとなります。オーナー社長の方々、ぜひご活用下さい。(毎週水曜日更新)

最新コラム

第109回 組織は○○○○○○で劇的に改善できる

創業者であるM社長は技術者出身ながら、プレゼン上手。多数の技術者を抱える老舗同業を尻目に、創業10年でグングンと売上げを伸ばし、15億円までビジネスを拡大されました。急激な拡大が難しいとされる同業の社長からは新興勢力として、やっかみ半分、羨…

詳細はこちら

バックナンバー

第107回 組織を破壊するのは○○の社員

先日、この7年間で会社の人員が10倍になった企業のT専務から扱いに困っている幹部社員に関しての相談を受けました。 2人とも創業間もない頃からのメンバー。創業期といえば、売上げを上げることが何よりも大事。会社とはいえ、明確な仕組みもルールも確…

詳細はこちら

第104回 社長のための最良の時間の使い方

今年は更に30%の売上アップを見事に達成させ、今期70億円に迫ろうとする組織を率いる40代のF社長が、幹部研修会の締めの場面で、次のように言いました。 「この半年間、私自身、この対話法を実践し、幹部の皆さんとも途中から定期的な面談をしてきて…

詳細はこちら

第103回 これからの経営幹部に必須の能力は?

S部長は、ここ数年業績を急拡大させているY社にあって、社長から次期リーダーの一人として期待されている方です。先日面談した折、現在と過去を振り返ってこんなことを話してくれました。 「とにかく私が若い時は、教えられることなんか何もなく、いきなり…

詳細はこちら

第102回 〇〇があって大成功する役員、大失敗する役員 その違いはカラクリは?

面談時に、成果を継続させる組織の条件について図解で説明した折、、T取締役は、目をしばたかせながら、「本当にそうですね」といって一生懸命メモを取られました。 この数年売上の伸びが停滞していることを懸念されてY社長が弊社にご相談に見えたのは、 …

詳細はこちら

第100回 狙い通り組織で成果を出す方法とは?

「木村先生、あの彼が、毎回提案をもってきてくれるんですよ」と、G部長が報告してくれた時、「え?」って私は声を上げました。「あの彼が?」そいう思ったからです。 技術畑ながら、数字へのこだわりがとても強く、部長になってから4年間。四半期毎の予算…

詳細はこちら